多汗症 ボトックス

最近では、 ボトックス注射は、多汗症・わきが治療
にも使用されます。

一般的に、多汗症・わきがの治療法は、超音波治療、
レーザー治療やアポクリン汗腺除去手術などがありますが、
ボトックス注射によっても治療できます。

ボトックスを注射・注入を多汗症・わきがの
気になる箇所にすることで、発汗作用を行う
筋肉の働きを抑え、汗腺からでる汗の量を抑制します。

ボトックス注射による、多汗症・わきがの治療時間は、
両わき、両手のひら、両足のうら、それぞれ10分〜15分程度です。

施術当日から日常生活を行うことができます。
ダウンタイムもほとんどありません。

ボトックス注射の効果は通常3ヶ月〜1年程度で、
効果を持続するためには継続的なボトックス注射が必要に
なります。

ボトックス注射による、多汗症・わきがの治療は、
初回よりも2回目以降は、より効果が持続しやすく
なるといわれています。

ただしワキガの治療の場合は軽度であればボトックス注射に
よって改善できますが、重度のものはそれほど効果が
期待できません。

ボトックス注射とレーザー治療と併用したり、
汗腺除去など別のワキガ治療を行うといいでしょう。


posted by ボトックス at 00:13 | 多汗症 ボトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。